てんかんの治療にはラミクタールがオススメです。体はもちろん、落ち込み気味な心も安定させるので前向きに治療ができます。

  • ホーム
  • ラミクタール特徴とてんかん発作の死亡や施設について

ラミクタール特徴とてんかん発作の死亡や施設について

患者を診ている医者

てんかん発作を予防する医薬品の一つにラミクタールが在ります。
てんかん発作の中には死亡に至るものが在ると言われていますが、これはてんかんの症状での死亡と言うよりも、事故などによる死亡であり、発作が起こらないように予防することが重要だと言われています。

因みに、てんかん発作を完治させる薬と言うものは無く、ラミクタールのように予防を行う事がてんかんと上手に付き合うコツでもあり、予防を目的として長く服用し続ける必要が在ります。
但し、常に同じ量のラミクタールを服用するのではなく、症状などに応じて薬の量を減らす事や一時的に中止させることも可能になるため、発作の度合いがゼロになった段階で、医師の管理の中で減量する事も可能になってくるのです。

てんかん発作には意識障害と言った症状を持つケースが在ります。
道を歩いている時など、突然意識障害になってしまう事も在れば、駅で電車を待っている時に発作が起きてしまう事も在ります。
意識障害が起きている時は意識が無いため怪我をしてしまう事もあるため、常にラミクタールを服用して発作が起きない予防をしておくことが大切だと言う事です。

尚、てんかん発作などの治療を行う事が出来る診療施設の多くは脳神経外科と言った診療科を持つ病院です。
一度でもてんかん発作でもある意識障害が生じた時、痙攣が生じたなど気になる症状が起きた場合には診療施設での検査を受ける事、そしててんかん発作による症状が認められた場合には、てんかん発作を予防する目的において、ラミクタールなどの抗てんかん薬を処方して貰い、発作を事前に予防していく事が大切です。
ラミクタールだけではなく他の抗てんかん薬との併用も有効とされています。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧